どれくらいが正解?アルコール消毒液の量と効果


携帯用アルコール消毒液の落とし穴

新型コロナウイルス感染拡大防止のために外出先では消毒スポットがおかれていることが増えました。今ではスーパーや飲食店など多くの施設で消毒ができる状況です。

また、携帯用のアルコールスプレーやアルコールジェルを使っている方も見かけますが、『それじゃ使ってる意味ないじゃん!』とまたしても心の声が・・おしりを拭くのに5㎝くらいしかペーパーを持っていないようなものです。

みなさんはアルコール消毒液を手に付けるだけで満足していませんか?

これからアルコール消毒に必用な量や効果、重点的に行うポイントなどを解説していきますので、知らない方はぜひ最後までお付き合いください!

アルコール消毒液の必要量


スプレータイプなら1プッシュ、ジェルタイプなら2プッシュ

サラヤで行ったアンケートでは、医療施設で使用されているアルコール手指消毒剤はジェルタイプが66%を占めています。日本では2000年代初頭に発売が開始されたジェルタイプが確実に浸透していることが伺えます。

それぞれのタイプで最も多かった使用量および擦り込み時間は、スプレータイプで「3mL以上」および「15秒以上」、ジェルタイプで「1.5mL以上2mL未満」および「15秒以上」でした。

使用量はスプレータイプの方が早く乾いてしまうため、ジェルタイプや泡タイプと比べると多い傾向にあります。

擦り込み時間については、CDCとWHOのガイドラインでは「10~15秒間擦りあわせた後、手が乾いた感じであれば、塗布量が不十分」、WHOのガイドラインでは「手指衛生の全工程時間:20~30秒」とあり、これらのガイドラインに即して規定されています。

まずは、最後まで1プッシュ15秒すりこめないようなら追加すると覚えておくとよいでしょう。ジェルタイプはボトルによって出る量が違いますが、1mLのものが多いので2プッシュがお勧めです。

ゲル状アルコールの除菌効果
日本感染症学会より抜粋 http://www.kansensho.or.jp/sisetunai/kosyu/pdf/q009.pdf

携帯用アルコール消毒液の落とし穴

アルコール消毒液

アルコール消毒液の量で注意が必要なのは特に『携帯用アルコール消毒液』です。市販のものや詰め替えなど様々なタイプがあり、1プッシュ当たりの量も様々ですので、ほとんどの方が必要量を出さないまま使用しています。

上記のように~mLと言われても量がピンと来ないと思いますので、自分が使用している携帯用ボトルは何プッシュで15秒以上擦り込みができるかを覚えて使用するようにしましょう。

個人的には1回量が少なくて済むし、刷り込みがしやすい(こぼれにくい)ジェルタイプを携帯するほうが良いと思っています。

アルコール消毒の効果とポイント


効果的なアルコール濃度は60~80 v/v%(vol%)

アルコール(エタノール)消毒の濃度による殺菌(除菌・消毒)効果

日本薬局方(局方): 76.9~81.4 v/v%

WHOガイドライン: 60~80 v/v%

とばらつきはありますが、概ね60~80 v/v%(vol%)があれば、さまざまな菌・ウイルスに対しての殺菌効果が期待できると考えられます。

※一部の抗酸菌では72 v/v%以上の濃度が必要なため70~75 v/v%が推奨されます。

アルコール濃度の表記は、主に2つあります

●質量パーセント濃度: wt% or w/w%

●容量パーセント濃度: vol% or v/v%

特に表記がない場合一般的には、容量パーセント濃度が使用されています。

手洗とアルコール消毒はどちらが除菌効果はあるの?

医療現場における手指衛生のためのCDCガイドラインによると、アルコール製品による手指消毒は、目に見えて汚れているときやタンパク性物質で汚染されている場合は適切でないが、複数の研究で『アルコール製品による手指消毒のほうが普通石けんによる手洗よりも効果が優れている』としています。

http://www.imp-kokusaiigaku.com/support/download/CDC_handhygiene.pdf

指と爪を重点的にアルコール除菌を行う

爪の菌数の違い

爪の下に多数の菌が存在することを明らかにしたデータです。爪の下をマニキュアで覆った場合と覆わなかった場合とで、それぞれに殺菌剤未配合の普通石けんで手洗いを複数回行い、手指から回収される菌数の変化を調べました。

爪先を覆った場合は菌数は減少していきますが、爪先を覆わなかった場合は、手洗いを複数回行っても多数の菌が回収されています。つまり、爪下の隙間部分に菌が多数存在していることがわかります。

手指消毒方法による消毒の出来栄えの違い
サラヤより引用 https://pro.saraya.com/pro-tearai/science/index.html

アルコール消毒は、菌やウィルスが多いのに見落としがちな爪と指をしっかりアルコールに浸して、正しい手順で行うことで効率で除菌することができます。

手指消毒液の使用手順
丸石製薬株式会社『感染対策コンシェルジュ』より引用https://www.m-ipc.jp/column/82

アルコール手指消毒薬の使い方「ラビング法」

  1. 薬液を手のひらにとります。(スプレー3ml、ジェル2ml)
  2. 指先や爪の部分に薬液を浸します。(約5秒)
  3. 手のひらにぬり広げます。
  4. 手の甲にぬり広げます。
  5. 指の間を交差させます。
  6. 親指を反対の手のひらで包むようにぬり広げます。

これを15秒以上かけて行います。一連の流れの途中でアルコールが感じられなくなってしまったら、アルコール消毒液を追加して続けましょう。

アルコール消毒後の手荒れ対策


アルコール消毒後にはスキンケアを

医療現場における手指衛生のためのCDCガイドラインでも、アルコール消毒を行うことで手指の炎症(手荒れ)や手指の乾燥を認める報告があり、対策にはハンドクリームやハンドローションなどのスキンケアが推奨されています。

広口容器は汚染を受けやすく、感染源となる可能性があるので、ポンプタイプや携帯用であればチューブタイプが良いでしょう。

ワセリン・ヘパリン類似物質・尿素製剤などの保湿剤、市販のハンドクリームを消毒の後に塗りましょう。どんな保湿剤がよいか分からない場合や発疹が出た場合などは、皮膚科専門医を受診しましょう。

ハンドクリームの使用手順
メディカルサラヤより https://med.saraya.com/kansen/handh/taisaku/
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ
にほんブログ村
健康グッズランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました